カタログギフト選びで迷ったら・・・

「カタログギフト」は値段を決めるだけで簡単だと思いがちですが、実際贈る立場になるとハーモニック・高島屋・三越・イオン・ユナイテッドアローズ・アフタヌーンティー・ロフト・リンベル・郵便局など選ぶところが一杯あって選ぶのに迷いますし、贈る相手も同級生~親戚や会社の上司などの年配者まで年代が広くなると決めるに迷いますよね。

そんなカタログギフト選びに悩んでいる方に、絶対喜ばれる口コミで評判のところをランキング形式で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

口コミで評判の人気カタログギフト

絶対喜ばれる選び方のポイント

「カタログギフト」といっても、数多くのカタログギフトがあります。取り扱っている商品も多種多様で、用途別、金額別と更に細かく分類されています。

ではここで、自分がカタログギフトを貰う側になったと仮定してみてください。届いたカタログギフトの中から商品を選ぼうとして困ったことはありませんか? 欲しいものがない、なんだか安っぽく思える、こんなに商品がたくさん並んでいるのにピンとくるものがない。結局特に欲しくもなかった無難なものを選び、届いた商品は箱にしまったきり使わなかった…。こんな経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

では次に、自分がカタログギフトを送る側になったと仮定してみてください。インターネットで「カタログギフト」と検索をかけると、驚くほどたくさんのカタログギフトがあることにまず驚くのではないでしょうか。この中から相手にがっかりさせないカタログギフトを選ぶには至難の技です。自分ががっかりしたのと同じように、相手にがっかりさせてしまうのはどうしても嫌だ、と思うあなたは、次の点に気をつけてカタログギフトを選んでみてください。

掲載商品の取り扱いブランドを確かめる

カタログギフトは当然、掲載されている商品の数や中身によって料金が変わってきます。しかし数だけはたくさん掲載されていても、掲載されている商品が二流品ばかりであったとしたら、そのカタログギフトは「がっかりカタログギフト」となってしまいます。

知る人ぞ知るブランド品が掲載されているカタログギフトも良いですが、そういった造詣を持っていない人でも知っているようなブランド品を取り扱っているカタログギフトを選ぶのも重要です。人は分かりやすい評価基準を示されると、例えそれに興味がなくとも、「良いものだ」という評価を下すからです。また、もしあなたがそのブランド品に惚れ込んでカタログギフトを送ろうと思うのならば、事前に一言伝えるのも良いでしょう。

またどこの国で作られた商品であるか、というのも評価ポイントの一つです。キッチン用品や食器などは、国内の有名な産地で作られたものであるとか、欧米の有名ブランドである、といった点は評価される点です。

掲載商品が多いカタログギフト

掲載されている商品のブランドも重要ですが、掲載商品数が多いというのもポイントの一つです。性別や年代に偏りなく喜ばれるカタログギフトも良いですし、逆にピンポイントの趣味趣向の方に向けたカタログギフトも、「こだわりのカタログギフト」として喜ばれる場合もあるでしょう。送り手側と受け手側との関係を踏まえた上でカタログギフトを選ぶのも重要です。

子育て応援情報

結婚式の写真をアルバムにまとめてプレゼントも洒落ていますよ♪
⇒ フォトブックのおすすめサービスはこちら

出産後のお祝い返しが一段落したら、カワイイ我が子に赤ちゃんモデルへ挑戦させてみては?
⇒ 赤ちゃんモデルの業界事情はこちら