シチュエーション別のカタログギフト:法事・法要

故人を偲んで行われる法事や法要。年代や性別が幅広いというだけでなく、遠方からわざわざ足を運んでくださった方も多くいらっしゃることでしょう。そういった際に、全ての方に失礼のないものをお返しするというのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

また、遠くから来てくださった年配の方に、重いものをお返しするというのも返って失礼にあたる場合もあります。かさばらず、そして万人に好んでもらえるという点で、カタログギフトは最適のお返しと言えるのではないでしょう。

法事や法要に関する基本的なマナーを踏まえながら、失敗をしない香典返しを今一度確認されてはいかがでしょうか。

 

香典返しとは

香典返しとは、葬儀や通夜などで参列者の方からいただいた供物に対してお返しするお礼のことを言います。気持ちの整理がついた頃にお返しするのが一般的で、忌明けの頃を目安としてください。 ちなみに忌明けとは、仏教の場合ですと四十九日のことを指します。キリスト教の場合ですと、葬儀から一ヶ月目に行われる追悼ミサ(プロテスタントの場合は昇天記念日)、神道の場合は五十日祭のことを言います。 なお、弔電だけをいただいた場合には、香典返しは不要です。

香典返しの相場

元々「香典」は、葬儀の前後の急な出費に対して扶助する意味も含まれているものです。そのため子どもだけが残された場合や、一家の大黒柱だった方が亡くなられた場合などは、香典返しは必ずしも行わなくても良いとされています。 それ以外の場合は、香典や供物をいただいた方にはお返しをしましょう。 香典返しの相場は、いただいた香典の半分から三分の一が目安です。香典をいただいた方全員に同じものをお返しするのも良いですが、いただいた金額に応じてお返しをする方が、失礼が少ないとされています。

香典返しにつけるお礼状の注意点

商品を送る場合でも、カタログギフトを送る場合でも、必ずお礼状をつけなければなりません。このお礼状には、「、」や「。」といった句読点はつけない、という決まりがあります。

香典返しに適した商品

香典返しは、「後に残らないもの」が良いとされており、石けんやお茶などが定番とされています。また、タオルやハンカチといった日常的に使えるものを送るのも良いとされています。職場などに対しては皆で食べられるお菓子なども良いでしょう。 カタログギフトには香典返し用の商品を特集したものがありますので、そちらを送られるのをお勧めします。また高額な香典をいただいた方には、ハイクラスの香典返し用カタログギフトを提供している会社もあります。