カタログギフトを送るメリット

引き出物やプレゼントなどに重宝されている「カタログギフト」。 様々なギフトシーンに適してるカタログギフトですが、どのようなメリットがあるのかをまとめました。

送る側にとってのメリット

例えば、お世話になった方に何かお礼をしたいけれど、どのような商品をプレゼントすればいいのか分からない、と困った経験はありませんか。無理矢理選んだ商品を送り、センスがないなぁ、と思われるのは誰しも避けたいところです。そんな時、様々なジャンルの商品が掲載されたカタログギフトを送れば、受け取った側が「欲しいと思うもの」を選ぶことが出来るため、あなたの株を下げる心配もありません。また結婚式など、年代も性別も違う方が集う場合でも、送り物について悩む心配はありません。

送られる側のメリット

送られる側として、このような経験をされた方はいらっしゃいませんか? 結婚式やパーティでの引き出物が、あまりにも重くて帰宅までに苦労した、というものです。昨今の結婚式での引き出物は、カタログギフトは主流となっているため、カタログギフトが登場する以前は、このようなケースがあちこちで頻発していました。荷物が少なく済み、自宅に戻ってから自分の欲しいものをゆっくり選ぶことが出来る、という点で、カタログギフトは送られる側にとっても非常にメリットがあります。また、家族や夫婦で出席した結婚式などでも、カタログギフトならば異なる商品を申し込むことで、商品の重複が免れます。

その他にも、せっかくいただいたけれど我が家では使わないもの、趣味に合わないものであるために、いただいたきり仕舞ってあるプレゼントはありませんか? カタログギフトならば自分が欲しいものを選ぶことが出来るので、このようなことにもなりません。

頭の片隅に置いた方がいいカタログギフトのデメリット

送る側、送られる側双方に様々なメリットがあるカタログギフトですが、当然メリットがあればデメリットもあります。 自分で選んだ商品をプレゼントする場合と、カタログギフトから選んでもらう場合とで決定的に違うのは、「送る側が商品を直に確認したものか、否か」という点ではないでしょうか。 カタログギフトの価格は、配送料や手数料も含まれている場合があり、送る側としては高額設定をしたつもりでも、実際のカタログギフトはそれよりも遥かに低い価格帯の商品しか掲載されていない、というケースもあります。また、届いた商品が写真とは大きくイメージが異なる場合もあります。

実際には送り側の過失ではないものの、こういったことがあると印象が悪くなるのは否めません。 このようなケースにならないよう、どこの会社のカタログギフトを使用するのか、は慎重に選ぶのが良いでしょう。