そもそもカタログギフトとは?

今では一般的となったカタログギフトですが、その歴史は意外に浅く、1980年代頃より始まったとされています。当初は選べる商品も少なく、チープな印象が強かったカタログギフトですが、現在では驚くほど多種多様の商品、価格帯が提供されています。

自分ではなかなか手が出せない一流メーカー品、日常に使える日用品、旅行や食事といった非日常など、送る相手を想い、様々な商品をプレゼント出来るのが良いですね。

カタログギフトのシステム:送り手側の場合

カタログギフトのシステムはとても簡単です。 まずあなたが送り手の場合は、送る相手がどのような方か、予算、商品ジャンルはどのようなものがよいか、といったおおまかなイメージを決めます。現在では、大手百貨店やブランドなど、多様な会社がカタログギフトを取り扱っていますので、まずは自分の中のイメージをはっきりさせた上で会社選びへと進むのが良いでしょう。その上でいくつかのカタログギフトをピックアップし、選定へと進みます。

カタログギフトと一言で言っても、取り扱っている商品は様々です。どのような商品が掲載されているカタログギフトであるか、ということは、送り手であるあなたのセンスに直結する重要な点です。「たくさん掲載されているんだから何でもいいや」と投げやりにせず、あなたが思う素敵な商品を選ぶのをお勧めします。

カタログギフトを決定した後は、包装やラッピングを決定します。メッセージカードを同封出来るカタログギフトもありますので、是非送る相手のことを想いながらメッセージをしたためてください。

配送をお願いしたらこれで終了です。あとは送り先へカタログギフトが届くのを待ちます。

カタログギフトのシステム:送られる側の場合

カタログギフトが送られてきたあなたがすることは二つです。まずカタログギフトの中から欲しい商品を選びます。中に同封されているハガキに欲しい商品を記し、ポストに投函します。最近ではハガキではなくメールやホームページから申し込める場合もあります。申し込んだ後は、商品が届くのを待つだけです。 商品選びで重要なのは、商品の申し込みの期日を確認することです。せっかく素敵なカタログギフトをいただいても、申し込みの期日が過ぎてしまっては元も子もありません。必ず期日以内に申し込んでください。もしうっかりして期日が過ぎてしまった場合は、すぐに諦めるのではなく、カタログギフトに記してある会社に連絡を入れてみてください。もしかしたら厚意で受け付けてくれるかもしれませんよ。