シチュエーション別のカタログギフト:出産祝い・出産内祝い

大切な友人や親類に子どもが生まれた際、「出産おめでとう」の気持ちを込めて送るのが「出産祝い」。いただいたお祝いへの感謝と赤ちゃんの名前のお披露目をするのが、「出産内祝い」です。ただし、出産内祝いは「新しい命が誕生しましたよ」というお知らせの意味も含まれていますので、出産祝いをいただいたか否かにこだわらず、出産のお知らせをしたい方に送っても問題ありません。

すでに子どもがいる方は、自分の経験を踏まえてお祝いをすることが出来ますが、独身の方にとっては基本的なマナーや、出産祝いに適した商品を選ぶのはなかなかハードルが高いのではないでしょうか。出産祝いのマナーを押さえた上で、相手に喜ばれるお祝いの商品を送ってあげましょう。

 

出産祝い、いつまでに送る?

親しい友人に赤ちゃんが生まれたからといって、すぐに送るのはNGです。産後のお母さんは体力が落ちているだけでなく、色々と手続きがあって多忙です。少し待ってからお祝いを送るのが良いでしょう。時期の目安となるのは、産後一か月程度です。 気がついたらお祝いを送る時期を逸してしまった、という場合も心配には及びません。「遅くなってごめんなさい」という一筆を添えた上で、出産祝いを送ってあげれば相手方も喜ぶことでしょう。しかし、一年以上が経過してしまった場合は、出産祝いではなく「誕生祝い」として送るのが良いでしょう。

出産祝いの予算はどれぐらい?

相手との距離、送る側の年齢によって予算が変わってきます。親しい友人に送る場合は、5,000円程度が相場です。兄弟の場合は、10,000?30,000円、親戚や会社関係といった少し遠い関係の場合は、3,000?10,000円程度とするのが良いでしょう。一方、父母の場合は、30,000?100,000円程度が相場です。 出産祝いへの感謝を伝える出産内祝いのは、いただいた商品金額の半分から三分の一が目安です。値段が分かりにくい商品の場合は、自分との関係を参考にして相場を算出すると良いでしょう。

出産祝いに適した商品とは

出産祝いは新米のお母さん・お父さんになった方に喜ばれるものを送ってください。赤ちゃんを育てる上でいくらあっても困らない、オムツや玩具、ベビー服のほか、実生活で使用できるものもお勧めです。商品券や現金も良いですが、やはりプレゼントとするには生々し過ぎると嫌う方も多くいらっしゃいます。カタログギフトの中には、出産祝いに特化した商品を多く掲載しているものもありますので、そちらを送るのもお勧めです。