シチュエーション別のカタログギフト:お中元・お歳暮

引き出物やプレゼントなどに重宝されている「カタログギフト」。

日本の文化の一つである「お中元・お歳暮」。理解しているつもりでも、人に説明しようとするとよく分からない、という方も多いのではないでしょうか。知らず知らずのうちに無礼なことをしてしまう危険もあります。大人としてのマナーを学びましょう。

お中元・お歳暮は送らなくてはならないもの? まず、お中元・お歳暮は必ず送らなければならない、というものではありません。昨今ではお互いに手間がかかるために送らない、と決めている方も多いようです。

お中元・お歳暮は誰に送るもの?しかし、次のような相手にはお中元を送るのが礼儀です。

・結婚相手の両親

・お世話になっている方

・上司

・仲人

その他にも、親しくしている友人に送るのも喜ばれるでしょう。 しかし、お世話になっているからとうって、習い事の先生に送るのは注意が必要です。学校の先生などのように、厳密に禁止している場合もありますので、送る前に確認をするのが良いでしょう。

お中元・お歳暮を送る時のマナー

本来、お中元・お歳暮は直接相手方へ赴き、手渡しするのが礼儀ですが、遠く離れた相手に送る場合は難しいですよね。そこで郵送の場合は、必ず内のしをつけて送りましょう。また、日頃の感謝を込めて「送り状」をつけるのがマナーです。

喪中の相手に送るのはNG?

日頃の感謝を表すお中元やお歳暮は、相手方が喪中であっても特に問題はありません。しかしご不幸があった直後などに送るのは避けた方が良いでしょう。その場合は、「暑中見舞い」「寒中見舞い」といったように、時期をずらして送りましょう。

お中元・お歳暮を送る時期は?

お中元は地域によって送る時期が異なります。 関東では、7月1日から7月15日の間、関西では7月中旬から8月15日の間に相手方に届くようにするのがマナーです。またお歳暮は、12月の初旬から20日までの間に送るのがマナーです。

お中元・お歳暮に適したカタログギフトとは?

これまで、お中元やお歳暮に適した商品とされてきたのは「食料品」でした。それぞれの時期に適したものとして、お中元ではビール、お歳暮では調味料や酒、海産物などが定番と言えるでしょう。お世話になっている方への感謝を伝えるのがお中元・お歳暮ですから、趣味嗜好に偏りがないものを選ぶのが無難です。 そこで、お中元・お歳暮には、全国の産地直送品や、銘菓や銘品などが選べるカタログギフトがお勧めです。特にいつもよりもランクの高い食材を選べるグルメカタログは、感謝の気持ちを伝えるには最適です。