シチュエーション別のカタログギフト:新築祝い

引き出物やプレゼントなどに重宝されている「カタログギフト」。

結婚と同じくらい、「家を建てる」というのは人生にとって重要な瞬間ではないでしょうか。年を重ねると、結婚や出産といったお祝い事にお金を使う機会が増えていきます。お金に余裕がある訳ではない生活を送っていると、正直煩わしいなと思うこともあるとは思いますが、もし自分が祝われる側であったと想像してみるとどうでしょう。やはり、僅かでもいいから「おめでとう」と言われたいと思うのではないでしょうか。社会人として、大人として、最低限の「お祝い」をするのはマナーとして割り切って、出来る範囲のお祝いをしてあげましょう。きっと喜ばれることでしょう。

新築祝いの相場

新築祝いの相場は、お祝いを送る相手との距離によって様々です。友人に対して送る場合は5,000円から10,000円程度、兄弟姉妹では10,000円から30,000円程度、親戚には5,000円から30,000円程度、知人や同僚というそれほど親しくはない間柄の場合は、気持ち程度で1,000円から3,000円程度を目安とすると良いでしょう。 どのようなお祝いにも共通して言えることですが、おめでたいからと言って極端に高額なお祝いを渡すにはかえって相手に気を使わせることにもなります。もし仲間で渡す場合は、相談し合って決めるのがベターです。

新築祝いを渡す時期

新築祝いを渡すのは、新居が完成してからなるべく早くが良いとされています。新居が完成してから2、3週間以内に手元に届くように送るか、または新居に招待された日に手渡すのが良いでしょう。 結婚と出産、新築祝いが重なった場合は、それぞれにお祝いを送ってもよいですが、一つにまとめて送っても問題はありません。

新築祝いに適した商品

新居での新しい生活を送り始める相手にとって、どのような商品を渡すと喜ばれるのかを想像してみましょう。家具や食器、キッチン用品といった、新生活で使うものも良いですが、新築を機にブランドや色などを統一した商品で揃えているという場合もあります。そういった場合ですと、悪気はなくとも迷惑になってしまう危険性もありますので注意が必要です。 親しい間柄であれば、新生活で欲しいものは何か、ということを確認し、欲しい商品を購入して渡すというのも良い方法です。人生に何度もある訳ではない贈り物なのですから、相手が気に入るのが最善の贈り物です。 また、カタログギフトなど相手の趣味趣向から選べるものを送るのも良いでしょう。特に高級食器やブランドのキッチン用品を取り扱っているカタログギフトはお勧めです。 あまり親しくない間柄の相手に送る場合は、タオルや洗剤など日常的に使えるものを送るのも良いでしょう。