人気のカタログギフト:日本酒ギフト

「日本酒の好きなあの人に喜ばれるお酒を贈りたい、だけどどれを選んだらいいのかわからない…」そう悩むことはありませんか。

もしあなたが日本酒が好きなら、お酒のことがよく分かっているでしょうし一押しの日本酒も選びやすいですが、お酒を飲まない人ならわからなくて当たり前です。

そんな時にお勧めなのが、日本酒のカタログギフト。プロが選んだ日本酒から選べるなら間違いはありませんよね。

このページでは日本酒カタログギフトの選び方やおススメのギフトカタログをご紹介しましょう。

日本酒にこだわる人にはぜひカタログを

日本酒は実にたくさんの種類があります。日本酒は製法によって区分され、6種類(大吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸酒、純米吟醸酒、本醸造酒、純米酒)に分けられています。この区分は原料や製法によって分けられたもので、味の価値やランク付けしたものではありません。

日本酒好きは「甘口」が好きなのか「辛口」が好きなのかによっても好きな銘柄が異なります。

これは日本酒の清酒濃度を表した数値「日本酒度」で大まかに判断することができ、数値が(+)に大きいほど辛口、(-)に大きいほど甘口となります。しかし口にいれた印象は全体のバランスが重要な要素となるため、相手の好みを正確にとらえて製品を選ぶのは容易ではありません。

日本酒好きの人に日本酒をあげたいのなら、カタログギフトがお勧め。

こだわりの日本酒のみを集めたカタログならばきっと満足してもらえるはずです。カタログのメリットは選べる自由があること。好きな日本酒が選べればもちろん嬉しいですし、自分で購入しないからこそ「初めての銘柄だけど飲んでみようかな」とも思えるでしょう。

お酒好きな人は自分の好きなお酒がはっきりしており、多くの人は日頃の飲むお酒がある程度固定されていますが、日本酒のカタログギフトなら新しい美味しいお酒との出会いもあるかもしれません。こだわっている人にこそ喜ばれるギフトのカタチなのです。

おススメ1.銘酒をそろえたカタログギフト

銘酒を揃えたカタログなら「アンティナ ギフトスタジオ『銘酒カタログギフト』」がお勧めです。

このカタログは日本酒に特化したものではありませんが、日本酒を中心に、ワイン、焼酎、リキュール、ブランデー、ビールが計50アイテムほどあります。日本酒カテゴリーでは泡の日本酒、燗におススメの日本酒などを紹介。北海道から九州まで全国の銘酒を押さえているため、贈る人の好みのお酒がきっとあるでしょう。

コースは3,800円(税抜)の手ごろなものから31,400円(税抜)のプレミアムなものまで、予算に合わせて6コースから選ぶことができます。カタログデザインも上品なものになっているため、目上の人へのプレゼントにも最適です。

直営店
▼  ▼  ▼
アンティナギフトスタジオ

おススメ2.蔵元が運営する日本酒カタログ

日本酒にこだわっている人にお勧めなのが、日本酒の蔵元がカタログギフトの運営をしている

「日本酒ギフト専門店 日本酒ギフト.com『日本酒カタログギフト』」です。運営しているのは北信州にある「遠藤酒造場」で、150年の歴史ある業界屈指の地酒蔵元です。

国内外問わず数々の賞を受賞している酒造場がセレクトした日本酒をまとめたカタログギフト、お酒は全て受賞酒でこだわり派もうならせるお酒ばかりです。

コースは5,000円から30,000円まで5種類あります。

もちろんここからじかに日本酒を買うこともできます。お酒のボトルに名入れ彫刻ができたり、メッセージラベルが貼れるものもある為、記念品としても喜ばれます。刻印木箱もオーダーできますよ。

直営店
▼  ▼  ▼
日本酒ギフト.com

おススメ3.酒器とセットになっているカタログギフト

日本酒が好きな人は、酒器にもこだわっています。お酒に合わせて食器を選んだり、気分や季節によって変えてみたり。酒器の材質や形によって日本酒の味の印象が変わるから不思議ですよね。そんな日本酒好きな人にお勧めなのが、日本酒にピッタリの酒器がセットでついてくるカタログギフト。

「マイプレシャス 『グラス+選べるドリンク』」の日本酒セレクトなら、カタログと酒器、杯が二つ付いてきます。

選べる日本酒は40種類で、セット価格は3,100円から8,100円までとリーズナブル。セットで酒器までついてくれば嬉しさも二倍。お酒を飲み終わっても、お酒好きなら器は長く使ってもらえるはずです。

マイプレシャス正規代店
▼  ▼  ▼

おススメ4.酒蔵見学も選べるカタログギフト

お酒が好きな人にお酒をプレゼントするのもいいですが、酒蔵見学の体験ギフトはいかがでしょう。「ソウ エクスペリエンス体験ギフトカタログ」ならば値段によって違う体験コースが1200以上掲載され好きなものを選んで体験することができます。

例えば5,500円のカタログに掲載されている酒蔵見学では、お酒が出来るまでの工程を見ながら蔵内をじっくり見学できます。きき酒処では10種類ほどのお酒から3種類試すことができ、お土産も付いてくるお得な体験です。

お酒好きでも意外と酒造りについては知らないもの。そんな素敵な体験をプレゼントすれば、相手もびっくり。自分からはなかなか行く機会が無いものでも、きっと楽しんでくれるでしょう。

Sow Experience直営店
▼  ▼  ▼

最後に

カタログギフトというと何だかそっけない、そんな思いもあるかもしれません。でも今回紹介した日本酒カタログギフトはこだわり派も満足できるものばかり。

日本酒をプレゼントするよりもきっと喜んでくれるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。