カタログギフトの中からお得な商品を選ぶ方法

引き出物やプレゼントなどに重宝されている「カタログギフト」。 届いたカタログギフトを眺めて、どれにしようかなぁ、と悩んでいるうちに期限を迎えてしまった、という経験は誰にでもあるものではないでしょうか。そこで、カタログギフトの商品選びに迷った場合に基準とするべき点をまとめました。これであなたを悩ませていた問題が解決するかもしれませんよ。

カタログギフトの商品相場を考える

様々な商品が掲載されているカタログギフトですが、よく見ると掲載されている写真のサイズがばらばらであることに気がつきませんか? 実は、カタログギフトに掲載されている商品は、全て同じ価格帯ではありません。安いものと高いものを混在させることで、カタログギフトの価格が平均化されているのです。

では、どの写真が高額商品なのでしょうか。例えばスーパーに買い物に行った際、「本日の特価商品」はどこに、どのように配置されているのかを考えてみてください。目立つところに、分かりやすく配置されていますよね。同じことがカタログギフトにも言えます。つまり、写真が大きく掲載されている商品は、「この商品を選んでもらったら嬉しいな」というものであるということなのです。この場合の、「嬉しい」はカタログギフトの業者側にとっての意味なので、小さな写真=高額商品、ということになります。

祝儀の半分がカタログギフトの相場と考える

結婚式の引き出物などでいただいたカタログギフトの価格帯は、自分が渡した祝儀の半分以下が相場と考えてください。例えば1万円の祝儀代だった場合は、半分の5000円がカタログギフトの予算となります。しかし、カタログギフトは手数料が割り引かれますので、実際には5000円以下、つまりは「半分以下」が相場ということになります。

この相場を理解すれば、カタログギフトに掲載されている商品を選ぶ際の目安になります。

欲しいものがなかった場合

掲載されている商品全てに魅力がなかった場合、無理矢理日常的に使用するものを選ぶのではなく、スイーツ、洗剤、入浴剤、といった消耗品を選ばれるのが良いでしょう。特に、普段自分では買わないような高級品が掲載されている場合はお勧めです。いつもとは違うリッチな気分を味わうことが出来てお得です。

しかし、そういったものも掲載されていない、という場合は、チャリティーや募金にまわすということも可能です。欲しいものがないのに無理に選んでも、結局は使わずにしまっておくことにもなりかねません。小さくとも善意は善意ですよ。