シチュエーション別のカタログギフト:結婚引き出物

引き出物やプレゼントなどに重宝されている「カタログギフト」。式後、誰しも重い荷物を持って帰宅するのは嫌なものです。せっかく式がよくても、引き出物が重かった所為で楽しさが半減してしまった、という方も多いのではないでしょうか。そういった背景もあり、昨今ではカタログギフトを引き出物とする方が増えてきました。人気の引き出物ランキングでも、カタログギフトはダントツのナンバーワンとなっています。

そもそも引き出物は、結婚をした二人に対するお祝いへの感謝と、今後とも二人をよろしくお願いします、という挨拶という二つの意味を持つものです。過剰なお返しはNGですが、目先の儲けにばかり目が入ってしまい、あまりにも質素なお返しをするのは悪印象しか生みません。結婚をした二人にとって、最初の「ご挨拶」となる引き出物、失敗のないようしたいものですね。

引き出物の相場はどれぐらい?

引き出物は相手によって送り分けをするのが、最も間違いが少ないと言えるでしょう。近しい親族やお世話になった方など、祝儀が高額であることを予想できる相手には、あらかじめお返しも高めに設定すると良いでしょう。 上記にあたらない友人や知人に対しては4,000円程度、親戚や上司などには5,000円程度が目安です。 しかし、地域によっては引き出物にかける額が違う場合もありますので、心配な方は確認をした方が、失敗がないでしょう。

カタログギフトのメリット

相手によって送り分けをした方が無難な引き出物ですが、大きさや包みによって値段に違いが一目瞭然だとあまりにも無作法です。そんな時、カタログギフトならば、同じ包み、同じサイズで違いがありませんので、ゲストに金額差を悟られないというメリットがあります。 また、年代や性別の違うゲスト全員の趣味趣向を押さえたお返しを用意するのは、至難の技です。しかしカタログギフトならば、好きな品物を選んでもらえますので、そういった心配がいりません。

引き出物に適したカタログギフトとは?

カタログギフトを取り扱っている各社とも、引き出物用のカタログギフトを展開していますので、そちらから選ばれるのが良いでしょう。引き出物の定番だった食器だけでなく、流行りの体験型の商品を選べるタイプもお勧めです。 結婚式の引き出物は他のお返しとは違い、センスを問われる難しいものです。価格帯だけで即決するのではなく、そのカタログギフトにどのような商品が掲載されているか。ブランド品や、高級感のあるもの、人気の商品などはあるか、といった確認をすると間違いがありません。