シチュエーション別のカタログギフト:快気祝い

病気で入院をした際に、親しい友人や知人がお見舞いに来てくれるのは嬉しいものですよね。特に長期の入院をすると気落ちもしますので、温かい励ましの言葉にはとても励まされます。

退院をした際に、お見舞いへの感謝と、「病気が全快しましたよ」というお知らせもかねて行うのが「快気祝い」です。快気祝いはお見舞いへのお返しという意味も含まれていますので、お見舞いをいただいた方には快気祝いを送るのがマナーと言えるでしょう。

また、自分の家族や近親者に対して「退院しましたよ」というお知らせを送る場合には、「快気内祝い」となります。

 

 

快気祝いの相場

快気祝いの相場に決まりはありませんが、いただいたお見舞いの半分から三分の一程度の金額のものをお返しするのが一般的です。カタログギフトを選ぶ際の価格帯に参考としてください。

快気祝いを送る時期

快気祝いは床上げから十日以内にお返しをするのが一般的です。

快気祝いに適した商品とは

お祝いなのだから何でも良いと考えてしまいがちですが、「快気祝い」は「病気が残らないように」「後に残らないように」という意味から、「使って残らないもの」「洗い流してしまうもの」「食べてしまって残らないもの」を送るのが良いとされています。そのため、食品や洗剤といったものを送るのが良いでしょう。 会社や取引先などの方がお見舞いに来られた場合は、みんなで食べきれるお菓子などをお返しするのが良いでしょう。ただし、部署別にお見舞いをいただいた場合は、それぞれの部署にお返しするのがマナーです。

快気祝いの熨斗紙と水引

全快をした場合、熨斗紙には「快気祝い」と記します。水引は、「病気が繰り返さないように」という意味を込めて、紅白の水引で結んだ「結びきり」にします。 あくまでも退院をしただけで病気が全快した場合ではない時は、熨斗紙と水引をつけずに「お見舞い御礼」としてください。

快気祝いに適したカタログギフト

「後に残らないもの」という点でお勧めしたいのが、お菓子の詰め合わせや洗剤の詰め合わせなどを選べるカタログギフトですが、レストランや料亭などの食事や、旅館や名湯などの旅行といった体験型のカタログギフトを送られるのも良いのではないでしょうか。入院をしている間、心配や気苦労をかけたことへの感謝の気持ちとして、普段とは違った気分転換が出来るプレゼントはきっと喜ばれることでしょう。