人気のカタログギフト:シャディ

もらって嬉しいギフトランキングで堂々の一位を獲得している「カタログギフト」ですが、その歴史はあまり知られていません。一説には、1980年代後半にシャディがカタログギフトを始めたと言われています。

そんな歴史あるシャディのカタログギフトは、「出産内祝い」「結婚内祝い」「快気祝い」「新築内祝い」「香典返し」「出産祝い」「結婚祝い」などの用途別に分かれており、その他にもビジネス用の昇進・退職祝いや、還暦に祝い用などもあります。また、予算も、2,000円以下の低価格なものから、10,000円以上の高額なものまであります。 カタログギフトではありませんが、引っ越しの挨拶や企業の粗品などに使える、1,000円未満の商品を取り扱っている「プチプラギフト」も便利です。

シャディの便利なサービス

カタログギフトで気になるのは、商品以外のところでかかる費用をなるべく抑えたい、という点ではないでしょうか。シャディのカタログギフトは、自宅への送料、のしやラッピング、挨拶状が全て無料です。送料無料のサービスは、一点からまとめ買いまで対象ですので、大勢の方に渡す場合でも安心です。 さらに、シャディから直接発送してもらう場合にも、10件以上のまとめ買いに限り、メールでの申し込みが可能です。ホームページから定型のエクセルファイルをダウンロードし、必要な情報を打ち込んで送るだけで、後は贈り先へと発送してもらえます。面倒な手続きも要りませんので、時間のない時には大変助かるサービスではないでしょうか。

カタログギフトを下見できる

カタログギフトで最も重要な「掲載されている商品」について知りたいという方は、シャディのカタログギフトを無料で送付してもらえます。このカタログギフトは最新のものですので、もし自分が送るならどのカタログギフトが適当かを選ぶ際に参考に出来ますね。

恥ずかしくない取り扱いブランド

もらったカタログギフトに掲載されている商品が、見た事も聞いた事もない無名ブランドばかりだった場合、がっかりするのは誰しも同じではないでしょうか。シャディの取り扱うのは雑誌などでも人気のブランドや、一流ブランドですので、安心して送ることが出来ます。子ども用品ではmiki HOUSE、キッチン用品で人気のLE CREUSET、老舗フルーツショップの銀座千疋屋、紅茶ブランドで人気のLUPICIA、一流食器メーカーのNARUMIなど様々です。 また、ステーショナリーやヘルスケア、DIYなども取り扱っていますので、こだわりのある方にも自信をもってプレゼントすることが出来るでしょう。

シャディ直営店
▼  ▼  ▼