シチュエーション別のカタログギフト:結婚祝い・結婚内祝い

季節もよくなると、結婚式をあげる人も多くなります。新しい生活をスタートさせる二人に対して、心からの祝福を送りたいと思うのは誰しも同じではないでしょうか。そんな気持ちを相手に伝えるにはどのような結婚祝いを送るのが良いのでしょうか。お祝い事ですので、無知が原因で失礼があっては大問題です。式後の人間関係とも大きく関わるのが結婚祝い・結婚内祝いです。自分は良いと思って送ったものが、実は非常に無礼なものであった、といった場合、取り返しがつかない汚点として残ってしまう危険もあります。大人のマナーとして最低限の知識は備えておきましょう。

結婚祝いを送る時期

結婚祝いは、結婚式をあげてから一週間から一ヶ月以内に送るのがマナーとされています。しかし、昨今のカップルは結婚式をあげない、という方も多いでしょう。その場合は、結婚の報告を受けてから二週間から一ヶ月以内にお祝いを送ります。 良い日を選び、直接相手方のお家に赴き、手渡しするのが正式ですが、遠方に住んでいたり、多忙で都合がつかない、という場合は郵送でも問題はありません。 ただし、結婚式や披露宴に招かれている場合は、祝儀をもって結婚祝いとします。

結婚内祝いとは

結婚内祝いとは、結婚式や披露宴に招待していない方から結婚祝いをいただいた際にお返しすることを言います。式後、一ヶ月をめどにお返しを送るのがマナーです。 予算は、いただいた結婚祝いの半分から三分の一程度が目安です。また、用意しておいた引き出物が十分ではなかった場合には、不足していた分を結婚内祝いとしてお返ししましょう。

結婚祝い・結婚内祝いに適した商品は?

二人の男女が新しい生活を始めるのが「結婚」ですので、「切る」や「割れる」「壊れる」を連想させるような商品はタブーとされています。例えば新生活に必要だと思って包丁を選んだ場合、「縁を切る」を連想させるためNGです。同様に「切れる」を連想させるハサミやペーパーカッター、「割れる」「壊れる」を連想させる食器なども控えた方がよいでしょう。 また、結婚式の引き出物として定番だった、二人の名前や写真が入った商品は、使いにくいということから嫌厭する方も多いので気をつけるのが懸命です。特に「結婚」は、人生において何度も経験出来るものではないということから、普段とは精神状態が大きく異なっています。後からの評価にも関わりますので、その場のテンションで思いもよらない商品を選んでしまわないよう、注意が必要です。